私が歩んだエオルゼアのそれから >> カテゴリ:私が歩んだイシュガルドの旅路

新年の挨拶&お知らせ


2017/01/01
 皆様、明けましておめでとうございます。 2017年のはじまり、如何お過ごしでしょうか? 私は31日から仕事でして、今朝ようやく帰宅致しました。 分かってはいましたが、会社で日の出を見るというのは切ないですね。 さておき。 去年の終わり頃に更新しました最終回にて、たくさんの感想をいただきありがとうございました。 もうね、ブログを始めた頃の自分に教えてあげたい。 1番最初の頃の自分に知らせてあげたい...

>>新年の挨拶&お知らせの記事の続きを読む

最終回:旅路の果て


2016/12/28
 前回のあらすじ。 サスタシャ1周年記念公演に参加してきました。◆ あれからしばらく。 ハウスの庭には様々な庭具が設置され、随分と見栄えが良くなりました。 一方で内装はまだまだこれから。 Lサイズで部屋も多いので、探り探りの家具設置状態。 しかし、地下工房では―― FCマーク入りの飛空艇が完成していたりします。 なんともちぐはぐですが、これが当ハウスらしさ。 そこを拠点にエオルゼアを生きるメンバー達...

>>最終回:旅路の果ての記事の続きを読む

第35話:サスタシャ村1周年記念公演


2016/12/17
 前回のあらすじ。 当FC、苦労の末にFCハウスを入手。 ようやく自分達の場所を持つに至るのでした。◆ 念願のFCハウスに興奮冷めやらぬFCメンバー。 各自個人部屋を作ったり、家具を置いたり、「庭には木人を置こう!」などの声があがります。 そんな中、「使用人の種族はどうしよう」という話題に。 これはなかなかに難しいですよね。 個人で好きな種族って異なりますし、雇える使用人の数には上限がありますし。...

>>第35話:サスタシャ村1周年記念公演の記事の続きを読む

第34話:私達が帰る場所+お知らせ


2016/12/07
 前回のあらすじ。 タンポポさん、ロペさんがエタバンされるとのことで、お祝いの品を作ることに。 当日仕事で出席は出来ませんでしたが、同じく出席出来ないメンバーとともに、2人の末永い幸せを願うのでした。◆ 坦々と流れる平穏な時間。 しかし、決して自堕落な生活は送らなかった当FC。 この時の私達は、マスターが掲げた大きな目標に向かって日々精進を重ねていました。 その目標とは言わずもがな、ハウジングです! ...

>>第34話:私達が帰る場所+お知らせの記事の続きを読む

第33話:祝福のパイと海藻


2016/11/30
前回のあらすじ。イナゴヒーラー、白魔道士になってレベル50に到達するのでした。◆ FF14にはエターナルバンド。 通称、エタバンというものがあります。 これは他プレイヤーさんと久遠の絆を誓い合うもので、非常に特別なイベントです。 専用の会場で、セレモニーや演出などが催され、多くのプレイヤーを招待することができます。◆ そんなおめでたいイベントを開くという連絡が1人のフレンドさんから届きました。「私、エ...

>>第33話:祝福のパイと海藻の記事の続きを読む

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム | 次ページ

▲TOPへ