私が歩んだエオルゼアのそれから >> 2016年04月に投稿されたエントリー一覧

第9話:誓いを経て


2016/04/25
 前回のあらすじ。 人間不信に陥った私は、それでもエオルゼアを生きるのでした。◆ EVEへの加入申請を行った数日後、マスターであるアミティーさんからお返事をいただきました。 そして――  雲海にて誓いを立て、私はEVEへと所属しました。◆ 所属後、私はEVEのFCハウスにてFCの説明を受けました。 といっても難しい決まりなどはなかったため、注視したのは2つの事柄のみ。 1:ハウジング費用の入金。 2:...

>>第9話:誓いを経ての記事の続きを読む

第8話:振り返ることもなく+告知


2016/04/18
 前回のあらすじ。 二代目FCマスターからの言葉に絶望する私。 しかし、歩みを止めることはないのでした。◆ 新たなスタート! そんな気概で歩き出した私はとあるFCへの加入申請を出します。 FCの名はEgo vivo in Eorzea、通称EVE。 それはかつてのサスタシャ村で結成され、「皆で楽しくこの世界で生きて行く」をモットーに活動しているFC。 もう1度サスタシャ村の頃のような思い出を――そんな願いとともに踏み...

>>第8話:振り返ることもなく+告知の記事の続きを読む

第7話:決別の夜


2016/04/11
 前回のあらすじ。 リリスさんに誘われた私は新たなLSに参加し、見事ダスクヴィジルをクリア! 再びFF14の楽しさに触れ、テンションを上げるのでした。◆ 復帰後の進行は常々順調。 メインストーリーを追いかけ、新たなコンテンツが出れば超えていく日々。 その効率をあげるため、今まで無視していた風脈も集め出します。 そして、ついに…… ペルレ13、空へ! 少々出遅れましたが、私も飛べるようになりました。 ...

>>第7話:決別の夜の記事の続きを読む

第6話:廃砦を越えて


2016/04/05
 前回のあらすじ。 なんやかんやありましたが、私はFFへの復帰を決意したのでした。◆ イシュガルドに戻った私はメインストーリーの進行を中心に行動を開始。 停滞時はあまりログインしなかった休日の日中にも顔を出し、こそこそと冒険します。 そんな中、1人のフレンドさんが会いに来てくれました。 その人物はリリスさん。 ブログでは触れていませんが、私に詩人の歌の効果や、スキル回しを教えてくださった方です。 な...

>>第6話:廃砦を越えての記事の続きを読む

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

▲TOPへ