私が歩んだエオルゼアのそれから >> 2016年10月に投稿されたエントリー一覧

第28話:新ジョブ、乳搾り、キノコ狩り


2016/10/26
 前回のあらすじ。 EVEを脱退した私は新たなFCである、LEX AETERNA(略称:LA)へと所属したのでした。◆ もう1度ここから、そんな心意気で所属した新たなFC。 しかし、私が入ったことで大きな問題が発生しました。 なんとこのFC、 少数なのに詩人メインプレイヤーが3人もいるんです! 偏り方がよりにもよって詩人という事態に、FC全体が困惑。 しかも最後に入ったのが昆虫(イナゴな私)というこ...

>>第28話:新ジョブ、乳搾り、キノコ狩りの記事の続きを読む

第5話:今こそ宝具を使う時


2016/10/23
 前回のfgo。 当カルデアに☆5の新戦力と、よくってよ2号がきました。◆ ☆4に続く☆5サーヴァントの召還により、ガチャの軌道に乗った当カルデア。 こんなこともあろうかと溜め込んでいたレベルアップアイテムを使い、戦闘ではUFOが飛び、女性サーヴァントが解体される日々。 予想外の戦力アップに驚きを隠せません。 しかし、人間とは強欲なもの。 ひとたび幸せを得ると、さらに上の幸せを夢見てしまうもの。 それがイナ...

>>第5話:今こそ宝具を使う時の記事の続きを読む

第27話:海街での面談


2016/10/20
  前回のあらすじ。 EVEを脱退し、新FCへの所属を決めた私。 EVEの皆さんに見送られてハウスを後にしたのですが、その時になって新FC内から反対意見が出たのでした。◆ 待って、ちょっと待ってください。 そんな今になって反対意見なんて。 いや、たしかに私が「正式にそちらのFCに所属します」となったのは今ですけども。 そういう話は事前にマスターさんに通し、そこはかとなくFC内へと伝えてもらっていたはずです。 な...

>>第27話:海街での面談の記事の続きを読む

第4話:ノリと勢いの当カルデア


2016/10/14
 前回のfgo。 イベントは初心者的にもおいしいです。◆ fgoのガチャは魔物です。 いったいどれほどのプレイヤーが聖晶石と呼符をつぎ込んだ挙句、諭吉を生贄に捧げたことでしょう。 それでも尚、悲惨な結果がネット上に晒されています。 かくいう私もガチャ結果はひどいもの。 欲しいのは☆4以上のサーヴァント、しかし―― 最初の10連ガチャ以降出るサーヴァントは☆3ばかり。 概念礼装は☆4以上出るんですけどね、これは...

>>第4話:ノリと勢いの当カルデアの記事の続きを読む

第3話:イナゴのやり方


2016/10/13
 前回のあらすじ。 肉壁少女と槍を持ったジャイアンが私のサーヴァント。 そこに先人方のサポートサーヴァントを加えてパーティーの出来上がり。 改めて見るととんでもないです。◆ 上記のパーティーで淡々と進撃。 fgoではAP(スタミナのようなもの)が設けられており、これが一定数ないと戦闘出来ないシステムなのですが、これは時間経過で回復するので都合がいいものでした。 なんせ他にもやりたいゲームとかありますし...

>>第3話:イナゴのやり方の記事の続きを読む

第26話:旅立ちからの・・・


2016/10/12
 前回のあらすじ。  EVEに留まるか、かつての仲間のもとに戻るかで悩む日々。 しかし、ついに覚悟を決めるのでした。◆ その日、私はEVEの人事担当であるトワさんのもとを訪れていました。 席に座って挨拶を交わした後、私は様々なことを打ち明けます。 前のFCのメンバーに勧誘されていたこと、それに対して揺れていたこと。 そして、私はEVEを抜け、かつての仲間のところに戻りたいと思っていること。「なんて身勝手な!」...

>>第26話:旅立ちからの・・・の記事の続きを読む

第2話:間違いなく小物


2016/10/10
 前回のfgo。 fgoに手を出してしまった私は金木くんみたいな状態になるのでした。◆ 今回は自軍のサーヴァントを紹介するわけですが、そうなるとまずこの子からですよね。 fgoの看板娘にしてメインヒロイン。 シールダーという特別なクラスを持つマシュです。 彼女は普通のサーヴァントと少し違うらしいのですが、うまく説明出来ないので知りたい方はゲームをしてください。 wikiとかで調べてもいいですが、たぶんすごいネタ...

>>第2話:間違いなく小物の記事の続きを読む

第25話:自分の居場所


2016/10/05
 前回のあらすじ。 かつてのFCメンバーから、新FCへの勧誘を受けた私。 しかし、今の自分にはもう居場所があるという結論に至るのでした。◆ そんなわけで私の日常は続きます。 EVEのハウスで始まり、EVEのハウスで終わる日々。 しかし、いつも頭の片隅に新FCのことがひっかかっていました。 もう1度あのFCに。 みんなの所に――そう思うと心が揺れました。 しかし揺れるたび、自分はなんて身勝手な人間だろう...

>>第25話:自分の居場所の記事の続きを読む

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

▲TOPへ