私が歩んだエオルゼアのそれから >> 2016年12月に投稿されたエントリー一覧

最終回:旅路の果て


2016/12/28
 前回のあらすじ。 サスタシャ1周年記念公演に参加してきました。◆ あれからしばらく。 ハウスの庭には様々な庭具が設置され、随分と見栄えが良くなりました。 一方で内装はまだまだこれから。 Lサイズで部屋も多いので、探り探りの家具設置状態。 しかし、地下工房では―― FCマーク入りの飛空艇が完成していたりします。 なんともちぐはぐですが、これが当ハウスらしさ。 そこを拠点にエオルゼアを生きるメンバー達...

>>最終回:旅路の果ての記事の続きを読む

第6話:戦力よりも魅力


2016/12/21
 少し前、ツイッターにてとあるDMが届きました。 差出人はエオルゼアでもFGOでもフレンドのSラさん。 その内容はというと―― ☆5サーヴァントのイシュタルを手に入れた自慢でした。 しかし、そこは寛大で大人な私。「よかったね、おめでとう!」と祝いの言葉をかけておきました。  嘘です。◆ 久しぶりのFGO記事ですね。 あれから当カルデアではジャンヌ・オルタが大活躍。 現れる敵を刺しては焼いて刺しては焼いて...

>>第6話:戦力よりも魅力の記事の続きを読む

第35話:サスタシャ村1周年記念公演


2016/12/17
 前回のあらすじ。 当FC、苦労の末にFCハウスを入手。 ようやく自分達の場所を持つに至るのでした。◆ 念願のFCハウスに興奮冷めやらぬFCメンバー。 各自個人部屋を作ったり、家具を置いたり、「庭には木人を置こう!」などの声があがります。 そんな中、「使用人の種族はどうしよう」という話題に。 これはなかなかに難しいですよね。 個人で好きな種族って異なりますし、雇える使用人の数には上限がありますし。...

>>第35話:サスタシャ村1周年記念公演の記事の続きを読む

第34話:私達が帰る場所+お知らせ


2016/12/07
 前回のあらすじ。 タンポポさん、ロペさんがエタバンされるとのことで、お祝いの品を作ることに。 当日仕事で出席は出来ませんでしたが、同じく出席出来ないメンバーとともに、2人の末永い幸せを願うのでした。◆ 坦々と流れる平穏な時間。 しかし、決して自堕落な生活は送らなかった当FC。 この時の私達は、マスターが掲げた大きな目標に向かって日々精進を重ねていました。 その目標とは言わずもがな、ハウジングです! ...

>>第34話:私達が帰る場所+お知らせの記事の続きを読む

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

▲TOPへ