FC2ブログ

            

第44話:番外 時を越え、新たな零式へ(後編)


ta580296020672006928750198603906033.png

 前回のあらすじ。

 アルチさんの代わりとしてオメガの零式に挑むこととなり、準備をしました。



ha850260587196906289693896306.png

 ついに始まったオメガ零式:シグマ編1。

 今回はアルチさんの代役として来たので、本人の真似をして語尾に「だぜ」をつけるよう心掛けます。

4721489-564624234778378428.png

 いざ、戦いの火蓋は切って落とされました。

 すると、



te2347370-63459649.png

 さっそく装備の指摘が入ります。

 でもイフじゃないです、アルチです。

 いや、分かってます、分かってますとも。

 どうして武器がそんなに弱いのか、って話ですよね。

 もちろん私も武器強化のために素材は揃えてはいました。

 けれど、今回の詩人装備更新に虚構が大量に使われてしまったため、武器にまわす分がなくなったのです。

 なに、たかが武器の性能差くらい、私の実力で埋めてみせますよ!



bu47298690073752985029059259285.png

go58205920006309603.png

 開始して早々に場外へ飛ばされ、地面を転がり終了。



hu8592-79382021860620693096.png

 現状を冷静にアルチさんぽく報告するも、



ma15697042796490-753.png

 すぐに素が出るイナゴ。

 久しぶりに体感する零式の難易度に震え上がります。

 そんな私を抱えつつも、パーティ自体は前進。



ma57292095267171057739.png

 中にはマクロを使って解説してくれる方もおり、

sa588950782720685038693903.png

 アルチ節が復活。

 このままいっきに勝利をもぎ取ってやるぜ!

al5729602959272950592759839.png

 ここにきて疑問を持たれてしまいました。

 馬鹿な、私の擬態は完璧なはずなのに。

go682095029682996028560960.png

 そんなアホなこと言ってたら死にました、本当にごめんなさい!







 攻略は進むものの、さすがは零式。

 どこかで1つミスするだけで致命傷となり、パーティが壊滅してしまいます。

tu688070206827299685290690396803.png

 そうこうしている内にラストチャンス。

 ここは是が非でもクリアしたいところですが、

da4278046350-52964.png

 駄目でした。

 ちなみに私は全滅する前に、怨念のゴーストに敗北して死にました。

 我ながら情けない結末に涙が出そうです。



u582996039502996808609300-7480.png

 結局、オメガ零式は未クリアで終了。

 アルチさんの代わりとして参加しましたが、力及ばず。

 けれど、これもいつか良い思い出になる。

 そう思っていると、



i8289520683759295028509202.png

 なんと次のセットがありました。

 どうやら新メンバーを加えたここからが本番のようです。



sa582095602588205920685399053.png

 そんなわけで再戦。

 ちなみに私は怨念のゴーストにやられたことを反省し、ハイマテリジャを2個追加して挑んでいます。

 さぁ、覚悟しろゴースト。

 お前の魂、このイナ――アルチが成仏させてやるぜ!



su6373905-234786496.png

go693007296829609603653.png

 落ちた。

 ゴーストに接触しようとして足が滑った。

 あぁ、これたしか、

wa452289355249553.png

 アレキサンダーの時もやりましたね・・・。



ko58299602875-73821986969032.png

 情けない私とは裏腹に攻略は確実に進行。

 さすがはアルチさんが所属する固定メンバー。

 きっと彼らは零式という舞台に慣れているヒカセンなのでしょう。 

 一方で私は今度こそゴーストと対決しようと思っていたのですが、



ti126379-75760643.png

ti27687350-6369-864.png

 目の前で先に接触され、まさかの窒息死。

 電車の上で陸に打ち上げられた魚状態になりました。

 こ、このままでは終われない。

 もうすぐ終了の時間だというのに、私だけゴーストに勝てないままとか悲しすぎる。



sa7930907-2682891905780273863.png

 そうして巡ってきた最後のチャンス。

 今度こそは負けられない、私の名誉のためにも!

 そして、アルチさんのためにも!!







ya320-613576469804.png

 やった、やりました!

 ついに怨念のゴーストを成仏させてやりました。

 あとは魔列車を破壊するのみです。



ou785411368790653256790-7556.png

 そうして得たチャンスは、この戦いに王手をかけるものでした。

 もう少し、あと少しで我々の勝利。

 アルチさんに最高の報告をするためにも、とどめを刺させてもらいましょう!


ze58520070-26710786792967399603.png

 ・・・が、届かず!

 ここまで追い詰めましたが、おしくもパーティが全滅。

 善戦はしたものの、この日はそれでお開きとなりました。



al85026-2679119686839950386020-6820603.png

 帰還し、少し前にインしたアルチさんと合流。

 軽く報告をした後、アウラっぽい現在の装備を見てもらうことに。

 きっと「こ、こいつぁ凄い。私にそっくりだぜ!」とか言ってひっくり返ると思ったのですが、



tyo58291005718598428592.png

 お気に召さなかったようです。

 しかし気を取り直して、「だぜ」を語尾につけるように頑張ったことも報告。

 今度は「マジかよ、やっぱりイナゴは完璧だぜ!」と言ってもらえるかと思いきや、



i75928502869390502603-6893.png

 マジかよ。

 てっきり言ってると思ったのに、これは予想外。

 でも、今回の私のおかげでキャラ付けは完璧なので、



tu582-05829851685892-50-2892.png

 些細なアドバイスを送っておきました。



 PS

24457505-e5387649.png

 マテリアや調理品などでかかった費用を報告すると、

i7393-7386929963.png

 なんと倍以上の金額をもらえました。

 なんだかんだ言っても優しいアルチさん、最高だぜ!  

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ