FC2ブログ

            

最終回:アレキサンダーな時間


ta4582995020682095022.png

 前回のあらすじ。

 ごわすイラスト、完成しました。



 あ、どうも。

 ついに最終回です。

 といってもブログのというわけではなく、このカテゴリの最終回なのであまりお気になさらず。

 ちょっとした一区切りとして見ていただければ幸いです。

 まぁ、無事にアレキサンダーへの挑戦も終わりましたしね。

 なんならシグマまで行きましたからね。

 これはもう終わるしかない。

 それに昨日パッチ4.3も実装されましたしね。

 エオルゼアが新たなスタートを切ったというのに、いつまでもアレキサンダーを掲げてるわけにはいきませんからね。

 だからあの、「一層しか言ってないじゃん」って顔はやめてください。



405820599592-491-018509502.png

 さて、皆さん。

「私が歩んだアレキサンダーな時間」如何だったでしょうか。

 おそらく皆さんは、「アレキサンダーあんまり関係ないじゃん!」と思ってらっしゃるのではないでしょうか。
 
 分かります、分かりますとも。

 私が読者の側だったらそう思いますし。

 なんなら「JAR●に電話だ!」って言ってるかもしれません。

 しかしながら私は管理の側であり、だからこそ「カテゴリ名に偽りなし」と言わざるを得ないわけです。

 というのも今回のカテゴリの記事は、前カテゴリである「私が歩んだイシュガルドの旅路」の記事に比べると、楽しかった出来事が多く書かれているんですね。

 途中PS4が壊れたり、上手くいかなかったことや、悲しかったことも相変わらず書いていますが、それでも総じて楽しい記事が大半を占めるカテゴリでした。

 なら、こう思うしかないじゃないですか。






 こんな楽しい時間がいつまでも終わらないよう、時間が止まってしまえばいいのに――と。

 それはもう、アレキサンダー天動編のように。

 というわけで今回のカテゴリ名は「私が歩んだアレキサンダーな時間」とさせていただいた次第です。

 だから、その手に持っている電話は置いてください。

 こんなブログを潰したところでなんの得にもなりませんから、時間の無駄ですから!



000.png

 JUGEMでブログを始めたのが2015年1月20日。

 その更新が一段落したところで1度閉鎖しましたが、2016年1月上旬にFC2ブログにて再起動し、現在に至る当サイト。  

 我ながら長く続いており、本当に驚いています。

 そんな当サイトの原点は、マイディーさんのブログサイトである一撃確殺SS日記です。



ma588292904-0598593.png

 エオルゼアを始めていなかった頃、まだ未完であった光のお父さん計画を目にしてこの世界に足を踏み入れ、その後に自分のブログを開設。

 エオルゼアもブログも、当時は不安でいっぱいだったのをよく覚えています。

 けれど、それでもやってみようと踏み出した一歩が、現在に繋がっています。
 
 多くの人に出会い、たくさん支えられて到達した今は、私の人生においてかけがえのないものとなりました。

 やってよかった、この一言に尽きる次第です。



 でも、始まりは本当に怖かった。

422735.png

 じつはブログを始めた当初、マイディーさんから「いつか見に行ってコメントしますね」と言ってもらえたことがあったんですね。

 でも、当時の私はお礼を言いながらも、それを断ったと記憶しています。

 理由は、怖かったから。

 自分のブログが、自分の体験が、それほど価値あるものなのかと不安だった。

 多くの人を巻き込んでおきながら、それがちゃんと書けるのか心配でならなかった。

 今も昔もマイディーさんは憧れの存在で、だからこそ私が時間を奪ってはならない気がした。

ha5829810581005-285295710940902.png

 本当、ネガティブで素直じゃない。

 本音は見て欲しくて仕方なかったくせに。

 そうして始めた時点で、少なくとも自分にとっては最高に価値あるものだったのに。



mi582829410582958100450290.png

 遅れましたがマイディーさん、私のブログ見てくれたら嬉しいです。

 1週間に1更新なので、ちょっと見逃してもすぐ追いつけます。

 たまにエオルゼアと関係ないことも書きますが、生暖かく見守っていただければ幸いです。



se5829850259-969-2969039-70-30-3.png

 なにかを始めるというのは、少なからず勇気がいる。

 始めたところで上手くいかないかもしれないし、そもそも続けられるかどうかも分からない。

 けれど、その不安を超えた先には、






p14948509059296039060-39053.png

 見たこともない景色が広がるかもしれない。






p26765905-46775.png

 かけがえのない思い出を得られる機会が待っているかもしれない。






p3189592060386939208593032.png

 そうして踏み込んだ世界でまったく新しいことを始めて、それをまた楽しいと思えるかもしれない。



 それにたとえ上手くいかずとも、続けられずとも、死にはしません。

 むしろやりさえすれば、「あれやろうと思ってたけど、結局出来なかったなぁ・・・」って死に際に後悔することもないわけです。

 だから震えながらでもいい、一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

 ここはそんな人の背中を、これからも少し違った方向から押せるサイトとして続いていきます。



ba589502-592595092042.png

 それでは皆様、次のカテゴリでまた会いましょう――と言いたいのですが、じつは数話ほどオマケ更新をしようと思っています。

 なのでもう少しだけ当サイトはアレキサンダーを掲げていきますが、くれぐれもJAR●に電話しないようお願いしますね。

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

いふさんがマイディさんを見たように、今いふさんを見てる人がいるのをお忘れなく!

こんにちは。
私もマイディーさんのブログに影響された者の一人ですが、イフさんのブログに影響されたのもまた事実で、何とか更新を続けることができています。
イフさんのブログ更新、楽しみにしているのでこれからも頑張ってくださいね!
槍鯖にサブキャラがいるので、いつかご挨拶にいかせていただきまーす!

Re: タイトルなし

最近それを本当に感じており、嬉しいことこの上ありません。
これからも楽しい記事が書けるよう精進していきますね!

Re: タイトルなし

こんにちはーノ
ありがとうございます、こうして誰かの背中を押せているのだと分かるとほっとします!
更新頑張るので、これからもどうぞよろしくです。
基本ぼーっとしてるので、是非とも!冒険者の皮を被ってお会い致します。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ