FC2ブログ

            

第2話:モンスターハンターワールドの世界


t58206-8501859568200585938953.png

 今回は出張記録に分類されるモンスターハンターワールド(略:MHW)の記事です。

「まずはエオルゼアの記事から始めるものじゃないの?」という意見の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 じつは私もそう思い、エウレカに行ってきたんですよ。



an582-159105865980295920059560305-203.png

 フレンドの方々がガイドとしてついてきてくれたりして、それはそれは楽しかったです。

 しかしながら、FF14とMHWのコラボのことを考えると、こちらのゲームを早めに紹介しておいたほうがいいかなと思いまして。

「FF14はやっているけれど、MHWはやっていない」というフレンドさんも何人か知っていますので、いろいろと考えた結果、先行記事はMHWとなりました。

 といっても今回は「ひと狩り行こうぜ!」という感じではなく、「このゲームはこういう世界なんですよ」という紹介です。

 なのでMHWの記事でありながら、CMで大活躍された山田孝之さんのような勢いはありません。

 どちらかというと、機関車トーマスでお馴染みの森本レオさんみたいな感じでお送り致します。



mo5722804617-625889219656.png

 ゲームのタイトルに「モンスターハンター」とついているけれど、主人公達の真の目的は、実はモンスターを狩猟することでは、ないんだよね(精一杯の森本レオ感)。



tyo58292010582005209502-5859290204.png

 主人公達の目的は、あくまでもとある事柄の調査。

 だからまずはこのゲームが、乱獲者や密猟者の集団がこぞってモンスターの世界に押し入り、そこで欲望の限りを尽くすというものではないということを、理解しておいてほしいんだね(やりにくいので森本レオ感終了)。

 FF14でも日々光の戦士が蛮神をボッコボコに殴ってますが、あれもエオルゼアや仲間を守る過程でそういうことをしているだけで、決して神様をいたぶることが仕事だったりするわけじゃありませんよね。

 それと同じです。



ta592001559-205920520059209502.png

 とある事柄の調査をするために集められた人々は拠点を設けており、そこでは様々なキャラクターが活動しています。



oz8592-1859592058085985920285902005-2.png

 たとえばこの男性は武器や防具を作る開発者。



ne852-18596829862058398965038005032.png

 たとえばこの猫は様々な食事を作る料理長。







ko829-18502857562859290-5-5829.png

 たとえばこの女性は、うん・・・。

 他にも多くのキャラクターがおり、それぞれが役目を持って行動しています。

 そんな団体の中で主人公の立ち位置というのは、「スカウトされたハンター」だそうです。

 というのも、調査場所である新大陸という所には危険がいっぱい。

 その中でもとくに注視されているのが、モンスターの存在です。



mo480-28571958572950928593003.png

 調査したいけれどモンスターが邪魔で出来ない時や、モンスター自体が調査対象になった際には、主人公の出番というわけです。

 ここまできてようやくハンターは動くので、決して乱獲者ではないわけですね。

 それなのに荒々しいイメージや、プレデターのようなイメージを巷で持たれているのはきっと、ハンター達が積極的に調査に協力し、その報酬であるレア素材や装備を入手しているからでしょう。

 光の戦士が蛮神を集団リンチして、アイテムやら武器やらを奪っていく姿が、新規ユーザの目には恐ろしい神喰(ゴッドイーター)に映ることがありますよね。

 それと同じです。



bu582001-580171058686080920592-06-3.png

 ハンターの武装は大きく別けると武器、防具、護石の3つとなります。

 これらを組み合わせることで、対象のモンスターに対して自身を有利な状態にし、狩猟を行うことが基本となります。

 でも、そんなの始めたばかりでは分かりませんよね。

 だからとにかく最初の頃は、武器は攻撃力が高い物、防具は防御力が高い物を装備するようにしていけばいいと思います。

 武器や防具にはスキル、属性値、穴数など様々なステータスがありますが、そういうのは少し慣れてきてからです。

 エオルゼアで若葉だった頃を思い出してください。

 とにかくステータスの高い武器や防具を装備しておけば、序盤のダンジョンとかって問題なかったでしょう。
 
 やれスキスピがどうの、意志力がどうのなんて、慣れてきた頃に口にした単語のはずです。

 とりあえず今装備出来るもので1番高い物や、エクレア装備をつけておけば間違いない、そんなふうに光の戦士は育ってきたわけです。

 それと同じです。



syu47910-4029579249592095927949[2

 戦闘では常に冷静さを保ちましょう。

 相手は巨大且つ凶暴なモンスターです。

 序盤に出てくるモンスターは決して強くはありませんが、始めたばかりの頃はこちらの装備も弱いため、油断は禁物です。

 どういう行動をするのか、どんな攻撃を繰り出してくるのか、どこが破壊出来そうかなどを観察しましょう。

 そうして隙を見つけたら、こちらも攻撃です。

 ただし、無理はしないこと。

 全滅しても時間内なら何度でもやり直せるエオルゼアの蛮神戦と違い、MHWでは3回力尽きると狩りが強制的に終了してしまいます。

 レイズなんて魔法はこの世界には存在しません、厳しい世界なのです。



so5829100581058010-68286093.png
 
 しかし狩猟に成功すると素材が手に入り、新たな武器や防具が作れるようになります。

 それがストーリーに関するものであればゲーム自体が進行し、新たなフィールドに行けるようになったりもします。

 もちろんそこには新たなモンスターが待ち構えているため、ハンターに油断は許されないわけです。

「そんな過酷な世界を1人で歩んで行くなんて出来ない・・・」、そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

 そんな時は、






na5829945020520500580052.png

 仲間と一緒にひと狩りですよ

 光の戦士も1人では敵わない強大な敵に対し、仲間と一緒に挑むことで勝利を掴んできましたよね。

 それと同じです。

 1人で頑張って、凄腕のハンターになるのもいいかもしれません。

 けれどMHWの世界で1番大事なのは、「狩りを楽しむこと」です。

 1人だろうと、みんなと一緒だろうと、それが1番大事なことです。

 今から始める方は、どうかそのことを忘れないでくださいね。

 ちなみに、



to56206050502960020590302png01052.png

 仲間とともに戦うとトロフィーももらえますよ。



bo85920185601969603950-5892906-.png

 そんなMHWの世界を、発売当時から現在まで私は楽しんでいます。

 1人でもくもくとやる時もあれば、仲間と共にやることもあります。

 おかげでエオルゼアに関わる時間が減り、LSでは「またモンハン?」と言われることもしばしば。

 けれど、後悔はありません。

 なぜなら、それが楽しいから。

 これからFF14ともコラボして、きっともっと楽しくなります。

 そんなMHWの世界に、是非とも足を運んでみては如何でしょうか。

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ