FC2ブログ

            

第9話:エウレカで有名なあの人+ラジオ速報


ta95-28710682096206592085-206803-6-63.png

 前回のあらすじ。

 ガイド4人によるエウレカ探索がスタート。

 けれどもその有様は、どこか老人介護を思わせるのでした。



i474920692-1860960368200565805953090-2.png

 リリスさんが帰還したことで、私はココさんのチョコボに乗ることに。
 
 天候は相変わらずですが、クエストを受けた今、足が止まることはありません。



ow74919107592-571057563890.png

 むしろ急ぎ足です。

 しかし、不安はありませんとも。

「私はガイドじゃなく、ただの運転手」と自ら主張したココさん。

 モンスターに追われている今こそ、その腕を信じる時です。



ow25820-591058520592-568205689.png

 そ、それにもし私が死んでも、ココさんが蘇生してくれれば済む話。

 まさに隙を生じぬ二段構え、エウレカ探索においても大事にしたい御剣流の教えです。

su57-01-679297205875998300.png



i5892950286008539593.png

 あの後、モンスターから逃げ切ったものの、崖から落下。

 お互い手痛いダメージを受け、現在に至ります。



tyo58290-8591-57295895938920.png

 控えめに言って、死んだかと思いました。

 ちなみに私とココさんが力尽きると、パーティ内で蘇生魔法を使える人がいなくなるため、シャウトによる救援を求めなければならないところでした。

 本当に危なかったよ、運ちゃん。

 そんなことを思っていると、



gya8592-27502760286000-0784.png

 先行していたアンジーさんと、えみるんに何かあった様子。



aa05820529500-2950592054.png

 お察しですね。



re9402850285-26710681.png

 そんな事態にも手早く対応するココさん。

「ただの運転手」って言っておきながら、戦闘も蘇生も出来るエウレカの熟練者。

 いやぁ、かっこいいですね。



ki52--186867296720027500102005.png

 一方の私は駆けつけて言った台詞がこれですからね。

 なんの脅しなんでしょうね、「記事になっちゃうよ? いいの? いいの??」みたいなね。

 巷に蔓延るマスコミとは種類の違う外道さがありますね。



bo5810571919575295209592904028592.png

 拠点でクエストを受けたわけですが、道中にノートリアスモンスターがいたため、これを狩猟。

 今回の相手はボンバディール、といってもヒカセンの攻撃で全然見えません。

 外見はそうですね、彼もまたおじいちゃんに見えなくもないです。

 グゥーブー族の長老って言えば、8割の方は信じると思います。



ki65-286920268265506-2-68-2-2678.png

 しかし、そんなことは関係ないと言わんばかりに、ヒカセンの攻撃が殺到。

 やはり老人には優しくないエウレカの地、文字通りに弱肉強食の世界です。



syo5908195850-16892-15795893211.png

 しょっぱい。

 分かってはいましたが、今回も報酬がしょっぱい。

 やっぱりジジィは駄目ですね!



 クエスト終了後、今度は攻略手帳埋め且つ、ノートリアスモンスターを出現させる狩猟となりました。



bi5-1868105860529602-6-20695020-6-3.png

 最初の相手はこちらのビッグフット。

 普段なら決して近づかないモンスターですが、運転手1人にガイドが2人もついていれば強気です。

 ドラクエで言えば、「ガンガン行こぜ!」のテンションです。

 雪男みたいな名前しやがって、花咲くこの地で果てるがいい!

to5820--185058268-682950285021.png



re94020-18502060-2869292052.png

 調子に乗りましたね。

 いくら味方がいても、1番にタゲを取っちゃいけない。

 これからエウレカに挑む方は、是非とも心に刻んでおいてくださいね。

 慢心が人を殺す。

 どんな状況であれ、初心を忘れずに。

 その後、



ik9502815958204028592050205820-2.png



ab8592-1875920600285-2-18504005-5.png

 雪男に続いてイカや油を狩りつつ、ノートリアスモンスターが現れればそれを狩るという流れで、探索は順調に進行。



me482-1859672050258--2859201-85950.png

 途中、急に現れた恐竜にえみるんがやられましたが、蘇生されて事無きを得ています。

 手際良く雑魚を狩ってたら、突然目の前に現れて攻撃されたそうです。

 なんとも不幸な事故ですが、これもまたエウレカあるあるですよ。



pa8592-682079604674.png

 そんなこんなしていると、エウレカで最も有名なモンスターである、あの方が降臨するとの情報が入りました。

 早速現場に駆けつけた我々。

 その時、ココさんは言いました。

ti5820-18606820693--60389063.png

 もうお察しの方もいらっしゃるかもしれませんが、当サイトはネタバレを避けるスタイルであるため、このような感じで紹介致します。

 某ポッターの、名前を呼んではいけないあの人みたいな扱いですが、



ra4819-5819687630682079396.png

 こんなこと言われたら仕方ありません。

 おそらくは凄いネタバレですからね。

 私はツイッターで事前に知ってましたが、凄いネタバレですからね。

 それにしても、エウレカに来て間もない私がラスボスと対峙していいものでしょうか。

 駆け出しの勇者がいきなり魔王に挑むみたいな、とても無謀な感じがします。

 しかし、倒せれば良い思い出になること間違いなし。

 ここは1つ、「低ELでラスボス撃破」というチートプレイヤーさながらな記録を打ち立ててやりますよ。

 さぁ、ラスボス――お前の罪を数えろ!






re5926816760206820-6-275020176-639650-3.png

 調子に乗りましたね。

 ていうか相手の攻撃がまったく見えません。

 なにこのヤムチャ感覚。

 そして倒れるたびにレイズがどこからともなく飛んできて、ヒカセンの人情が目に染みる次第。



re04-810585030693--6329205-296-.png

 しかし、「ありがとう」とタイプする間にふたたび床ペロ。

 生き返っては死に、生き返っては死にを繰り返す、まさに地獄のような戦闘。

 けれど、徐々に削れていくラスボスの体力。

 はたして勝負の行方は――







yo58200281068560205-29606003.png

 見事、ヒカセンの勝利となりました!

 当然ながら私は出荷ですが、勝てばいいんですよ、勝てば!!



 今回のエウレカ探索はここまで。

 クエストもクリアし、レベルも上がり、さらにはラスボスを倒すまでに至りました。

 だんだんと慣れてきたエウレカの地、次の探索はどこまで行けるのか、それはまたの機会に。



wa8592905829680659320-020542.png

 8月8日の記事、【第6話:ヴェルさんとの約束+告知】にて告知された、わたえおラジオ。

 予定通り9月に放送を開始致しますが、主役である私がヒヨったため、急遽テスト放送が決定しました。

 というわけで、9月2日の日曜夜9時より、第0回と称しまして、わたえおラジオのテスト放送を行います!

 会場はラベンダーベッド第1区39番地。

 当日会場に遊びにきていただければ、生現場も見学可能です。

 ただ急遽放送が決まったため、ハウジングが間に合わないかもしれないとのこと。

 そのため、現場が殺風景でもクレームはなしでお願いします。

 ちょっとした暇つぶしにでもなればと思いますので、皆様の生暖かい目でのご参加、お待ちしております!

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

雑魚から逃げて飛び降りたんじゃないもん!
あれが近道なだけやってん!!!

Re: タイトルなし

マジカ!!
さすが運ちゃんやで!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ