FC2ブログ

            

第28話:死の前哨戦②+ラジオ告知


ta05011669572058-1205278501-5805060.png

 前回のMHW。

 クルルヤックを華麗に倒した後、リアルフレンドのVさんと共闘してベヒーモスの撃退に挑戦中。

 イナゴ、現在いいところなし。



v85094106-1068--56286-2-5902.png

 相変わらず大活躍のVさん。

 ベヒーモスのメテオもなんのその、鮮やかな太刀捌き。



i90281-682068206-6-8602--55200606.png

 一方の私もようやく攻撃が当たるようになってきました。

 伴ってオトモアイルーであるゲリュックもなにかを掴んだのか、勢い良く攻め始めます。



ko85028-18608166-693-6925960.png

 これぞまさにハンターとオトモアイルーの理想図。

 私達のシンクロ率は100%と言っても過言ではありません。

 リアルフレンドのVさんとはまったく息が合いませんが、そこは気にしてはいけませんよ。

 そうしてオトモアイルーと頑張っていると、



be6810681-92-8602-2569-1872-6800053.png

 あのベヒーモスがダウンしました!

 しかしこれはダメージによるものではなく、武器の睡眠効果によるもの。

 そう、

ne589101862--6820861-68920503.png

 私のオトモアイルーの持つ、このバルキンネコボールが真価を発揮した結果でした。

 つまり今、ベヒーモスは強制的に寝かされた状態なわけです。

 今までVさんにばかりいい格好をされていましたが、これでもう帳消しですね。

 なんせオトモアイルーの活躍は主人の活躍も同然ですからね。

 ベヒーモスを眠らせたのは私の功績なわけです、えらいぞ私。

 しかし、これで終わりではありません。

 モンスターが眠ったら、

oot680951602-996-2682-59603.png

 大タル爆弾G(威力が高い大樽型の爆弾、衝撃を与えると爆発する)を設置です。

 狩猟に行く時は爆弾を持っていく、これはハンター界では常識中の常識。

 とくにこういう大型モンスターを狩る時は必須です。

 これでベヒーモスのブサイクな顔を、さらにブサイクにしてやりますよ!



me5805-1861-8602-582--6593.png

kow5801-59-883-692-^29603826030-6-6

 え、怖っ! 目開けたまま寝てる!!

 なんなの、魚類なの?

 幸せそうに鼻ちょうちんまで作りやがって、寝てても腹立たしいモンスターです。



ha592062-816862-06836093.png

 少し遅れてVさんも大タル爆弾Gを設置。

 これで準備は完了、我々のスペシャル目覚ましを喰らわせる時がきました。

 もっとも、凄すぎて永眠しちゃうかもしれませんけどね!



he4478909210699568095699074.png

 ぐへへっ、汚い花火ですねぇ!!

 まぁ、ベヒーモスの顔にはお似合いですけど!



me268017-54896-32677949097_20190109213315b1a.png

 怒られた。

 お目覚めメテオ直撃です。



mu820581-7821869502-8696936-.png

 むっちゃ怒られた。

 お目覚めメテオからのおはようタックルです。

 これは避けようのないデスコンボ、永眠したのは私のほうでした。



ra5801581686720682699302960030.png

 再チャレンジ!

 私を1度倒したくらいでいい気になるな。

 MHWのマルチでは、プレイヤー間で合計3回力尽きなければクエストが強制終了することはないのです。

 つまり、あと1回死んでもぎりぎりセーフ!

 ハンターをなめるなよベヒーモス!!

 いいや、



v694-31268-0549734370-77908579.png

 私達をなめるなよベヒーモス!!

 かたやヒカセン、かたや高ランクハンター、そう簡単にやられはせんぞ。

 そんなこんなしていたら、



ko5891006706850105920-6309502.png

 コメットが降ってきました。

 ベヒーモス戦といえばお馴染みのこれ、もちろん破壊されてはなりません。

 このクエストをクリアするため、なんとしても死守します。



ek671006-27109682952-68030-530.png

 とか思ってたらやってきました、これまたお馴染みのエクリプスメテオです。

 ベヒーモス最大の技と言っても過言ではないこの攻撃、なんとエオルゼア仕様でMHWに輸入されています。

 そのためフィールドで棒立ちしていると即死。

 走って逃げようとしても即死。

 無敵時間があるとされる緊急回避を行っても即死。

 現状で助かる方法はただ1つ、



ek21068206-2068-2862--6903.png

 こうしてコメットの後ろに身を隠すしかありません。

 先ほどコメットを死守すると述べたのはこのため。

 もしベヒーモスの攻撃が当たって破壊されていれば、その時点で詰みだったからです。



ku570016863--526-259-25.png

 1発のエクリプスメテオの後、ベヒーモスは撤退。

 同時にクエストクリアとなりました。

 今回の目的はあくまでもベヒーモスの撃退なのでこれで終了。



de5820679290608-86-38386683-2590.png

 そう、まだ撃退しただけ。

 本当の戦いは未だ始まってすらいないのです。



je5910506-20-5710-176-6290526892959202-.png

 拠点に戻ってモーグリと会話し、ジェスチャー「FINAL FANTASY XIVジャンプ」を入手。

 これがあればコメットが無くともエクリプスメテオを回避することが出来るようになります。

 ただし、そのタイミングは超シビア。

 エクリプスメテオの落下位置、炸裂場所との距離、ベヒーモスの挙動、自キャラの挙動、それらを見定めた上でジェスチャーを行わなければならないのです。

 このため巷では「ジャンプしたけど死んだ」という現象が多発。

 極めなければ使いこなせないこのジェスチャー、そういえばどことなくエオルゼアの竜騎士の動きに見えます。

 残念ながら竜騎士はやったことがないイナゴ。

 しかし、ベヒーモスとの戦いは目前に迫っているのでした。



ra00281966205020682--5829602-59803.png

 次回の放送日時は2019年1月13日22時を予定しております。

 会場は変わらず、ラベンダーベッド第1区39番地です。

 これまでの「わたえおラジオ」の記録は、リリスさんがまとめてくださっているので、下記のURLより見ることが出来ます。

 https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/9625466/blog/

 気になる方は是非チェックを!

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ