FC2ブログ

            

オマケ③冒険は終わらない+宣伝


ta-6969029001-591905-2-06063064.png

 前回のあらすじ。



fa90-798109060-79940092069807057.png

 ファイナルファンタジーフォーティーンエオルゼアカフェかと思ったら違いました。



 キャッチに続くファイナルナビゲーションで心が折れたため、一時撤退。

 しかし、移動し過ぎて宿である千日前ホテルの場所も分からないイナゴ。

 甘かった、私の認識が甘かった。

 オオサカコンクリートジャングルは田舎者を決して逃さない魔の迷宮。

 迷い込んだが最後、都会の深淵に飲まれるのみ。

 でも、それでも私はエオカフェに行く!

 エオカフェでブログ更新して、今週分をお洒落に決める!!

 そのために訪れたのがこちら、



ko-9109058502-686003-603.png

 交番です。

 いい歳した迷子がお世話になるといえばここ。

 わざわざ中に入って道を聞くのは勇気がいるけれど、恐れてはいけない。

 エオルゼアでもリアルでも、聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥!

 ということで、警察の人にiPhoneの画面を見せながら目的地を説明。

 若干服装について質問を受けましたが、丁寧に教えていただけました。

 ありがとう警察の人!

「その格好寒くないの?」って心配までしてもらいましたが大丈夫、中にちゃんと着込んでますからね!!

◆ 

 正確なルートを教えてもらい、いざ交番を出発。

 たしかな自信を胸に、進む姿は迷いなし。

 そうしてようやく、



eo859-591085920-290589290502.png

eo2910905906-798106503906967.png

 ようやく辿り着いたエオルゼアカフェの建物!

 ここにきて「エオカフェ」の正式名称が「ファイナルファンタジー エオルゼアカフェ」であることを知るイナゴ。

 どうやら「フォーティーン」はいらなかったようですね、また1つかしこくなってしまいました。

 ちなみに、

tu859-5991894-04-685790-2896.png

 これが到着時のツイート。

 何事もなかったかのように呟いていますが、千日前ホテルを出たのが午後7時前で、このツイートが午後8時33分なので、約1時間半の大冒険を終えた直後となっております。

 皆さん知らなかったでしょう、この呟きをする前にあれだけの苦労があったんですよ?



e021-696801-768920-2906-218050-39.png

e018595982-186769302-8694.png

 扉をくぐれば、そこはエオルゼア一色の世界。

 いいですね、実にいいです!

 現実世界でありながらこんなにもエオルゼアを感じられるとは夢のよう!!

 しかも私はダンジョン:路上勧誘 ナイトナンバシティを攻略したばかりですからね、嬉しさもひとしおです。



o-859-188500-668920--290694.png

 奥に進んで店員さんと話し、お通しである「スプリガンの宝物」とコースターをゲット。

 当時は白魔でエキルレとか行ってたので詩人は後回し。

 平日のこの時間だからか、お客さんは少なめ。

su8595-6891069-682875-3896.png

 私の対面にはスプリガンが佇んでいるのみで、それを見ながら食べるお通しの味はじつに愉悦でした。

「お前の宝物は今から私の胃袋に入るんですよ?」みたいな感じ。

 ゲス顔でお通しを貪る姿は控えめに言って英雄ではありませんでしたが、仕方ないね。

 疲れた体に甘い物は染みるからね。



 スプリガンの宝物で癒されたので、ここからはお待ちかねの食事。

 無駄に歩き回って相当空腹ですからね、ギルは気にせずがっつりいきましょう!

 ということで1品目はこちら、



mi595-19067969300952-682989205.png

 - ミコッテ風山の幸串焼 -

 この調理品、じつは私にとっては思い出深いもの。

 というのも、



ss8694-1857819502-68692-28640.png

「カテゴリ:私が歩んだエオルゼアの1ヶ月 第13話:サスタシャに行こう企画」にて、私がエオルゼアで量産したのがこれだったのです。

 あの記事から数年が経った今、こうして口に出来る機会に巡り合えるとは、感慨深過ぎて即注文待ったなしでした。




oc859050-18696930-196830-6.png

 しかもこの感動は当時記事を書いた私だからこそ味わえるもの。

 他の光の戦士には掴めない、私だけの幸せです。



ka9-595018950-696822-06-6938200-5396.png

 苦労してエオカフェに辿り着いたのが報われた気がします。

 しかしたくさん歩いたことに加え、スパイスの効いた調理品を食べたため、喉を潤したくなってきました。

 ということで続いてはこちら、




gi859-58019-8679292004-206894030.png

 - ノンアルコールドリンク 吟遊詩人 -

 最初のコースターでは白魔を選んでおきながら、飲み物はちゃっかり詩人。

 気品溢れる彩りでとても綺麗ですね。

 さすがはエオルゼア界のお洒落ジョブです。 

 あれ、でもこれって、



su895-9010690100505-7878920-1.png

 ストロー2本ついてるんですけど!!

 なに、カップル用?

 ソロプレイヤーお断りとかそういう感じですか?

 それとも鼻から飲むんですかね?

 これだから吟遊詩人にはリア充か変態しかいないって言われるんですよ!!



 飲み物の吟遊詩人に裏切られた感じがしましたが、さておき。

 ドリンクだけでお腹は膨れないので、調理品も頼むことに。

 そうして持ってこられたのがこちら、




so595-1905891-786892902028683002969.png

 - エオルメンギルドのソーセージグリル~アラミゴマスタード添え~ -

 さっきから肉ばかりで健康に悪そうですが、こういう場所でそんなことを考えるのはナンセンス。

 今日はソロパーティで初のエオカフェですからね、細かいことは気にしない。

 しかし忘れてはいけないことが1つ。

 それは、







eo58959-18591067820592-595.png

 これですよ、これ。

 この目的のために私は事前に完成した下書きをブログサイトに保存し、エオカフェに来たんです。

 あとは記事の公開設定を変え、用意しておいたメモと画像を使って更新報告をツイッターで呟くのみ。

 多くのエオルゼアブロガーが夢見た更新。

 それを今、イナゴがこの手で!



ko859501-95010-686893-2086.png



 やった、やりました!

 エオカフェとはまったく無関係なエウレカ記事ですが、やり遂げてみせましたよ。

 もう我がブログに一片の悔いなし。

 きっとこのエオカフェ記事は当ブログの最終回を飾ることでしょう(当時の心境)。



go5896-590189-68692-20963.png

 そんなこんなで堪能した初のエオカフェ。

 最後に「浴衣いっふ」を書き残し、店からログアウトします。



if8596-918059502-798390500-2809604.png

 イラストの横にも書いてますが、絶対にまた来ますよエオルゼアカフェ。

 今度は1時間半も彷徨うことなく、スムーズにね!!



 さて、あとは千日前ホテルに帰るだけ。

 しかし、ここで大きな問題が1つ。



ka895-481895-586793-20589296030693.png



 まさに行きはよいよい、帰りはなんとやらですね。

 いや、行きもよいよいではなかったけれど。

 警察のお世話になってようやく辿り着いたわけだけど。

 でも、分からないからって、悲しいことが多すぎるからって、感じる心を止めてしまっては駄目なんです。

 学生時代の必須科目だったユニコーンガンダムでそう学んだイナゴは、とりあえず歩き出すことにしました。

 そのうち見慣れた場所に出るかもしれませんしね。

 それに当初の目的は達成しているわけですから、焦る必要はありません。



do896-6819895802-79389853064.png

 前言撤回、ここどこ?

 なんか商店街に出ちゃいましたけど、ここどこ?

 絶対に通ったことのない場所なんですけど、焦るんですけど。

 はたして本日の宿である千日前ホテルに無事帰れるのでしょうか。



PS

to58995094019058020503.png

 先日、リンク欄にもあるチスイさんのサイト【エオルゼアでの日常~創作とイベントと時々冒険~】にて、私が紹介されました。

 渾身のドヤ顔SSを送り、チスイさんにズバッと紹介されているので是非覗いてみてください。

 ページのURLはこちら→http://eorzeaartisanlife.com/creatorreport/post-1550

 尚、トップ絵はフレンドであるコンさんからいただいたイラストを使用させてもらっています。

 コンさん使用許可ありがとうございました!!

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ