FC2ブログ

            

第0話:新カテゴリ紹介


0063421760-846732860-97_20191002225824707.png



 2015年1月20日、1つのサイトが誕生しました。



0_2019100222582796e.png

【私が歩んだエオルゼアの1ヶ月】という名のそれは、「今さら初心者がエオルゼアを始めて本当に楽しめるのか?」という疑問をテーマに、自身の1ヶ月を記録して紹介するというブログでした。






k9274845_201910022258279cd.jpg

 結果としてそのサイトは、多くの方々の協力と支持を得た後に閉鎖。

 しかし、

ka01589589040-1052.png
 2016年1月に【私が歩んだエオルゼアのそれから】というサイトとして再起動し、カテゴリ内に記事を再掲。

 その後の記録は【私が歩んだイシュガルドの旅路】というカテゴリに続き、

ho006-195820902-69308692--589063.png
ho8595-1858752900-50386.png
al8595-40180589289541-95989289520905.png
 以降、カテゴリ名を変えては歴史を紡いできました。





uk859215-58692104901_201910022314264af.png

 そのたびに、新たな出会いがあって、



li5828195678692096-2050390563_20191002231428a30.png
gu72859105869270560-25027105859_20191002231427dbb.png

 そのたびに、新たな出来事があって、



me489840109-1859289190420053_20191002231431d72.png

 そのたびに、世界が広がった。






 されど、もうこれ以上はない。

 だから、そろそろ歩みを止めてもいいかもしれない。

 そんなふうに思っていたある日――


asi5895-910190905-05005805-5805902.png

 それは多忙で精神が参り、けれども、なぜか眠れない漆黒の夜。

 鮮明な意識と勝手に働く脳が見せるのは、当然のようにネガティブなことばかり。

 その終着は「自分の死に際はどういうものか」という、どうしようもない疑問でした。

 当然、答えなんて出ない。

 けれど、ロクなものじゃないことだけは確信出来てしまって、



si0690645-1906818419-79093--6836.png

 そう思わずにはいられない。 

 やがて眠くなってきた朝方、静かに誓う。



si8595-49198591859289520893.png



 誰のためでもない、己のために。

 そうして決意すると同時に憤慨する、なにが「もうこれ以上はない」か。

 なにが、「そろそろ歩みを止めてもいいかもしれない」か。 

 このサイトには、まだ書き残すことがある!!







ku5894-185781-577639902893879.png

 どこまでやれるか、それは分からない。



mo686-5919010400-6930890730094.png

 けれども、ただひたすらに前へ。



yo909-6123570-8643686904-64.png

 これは、自身の願いを叶えるための記録。
    


ta96805-198195996-29962--5902-6893.png




 

 願いの果て、ついに幕が下りる。

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ