FC2ブログ

            

第31話:オフ会参加録①「戦争と制作」


ta548928492-1-47825-203-8593.png

 前回のあらすじ。

 予告記事でした。



a-487189748109508569302-57920-5893056.png

 予告通り今回から当サイトは2019年の秋頃に行われた催し、横浜のオフ会に関する記事が続きます。

 去年の9月といえば、まだまだ残暑が厳しい時期。

 そんな中、エオルゼアのフレンドさん主催で開かれたリアルイベント。

 それに参加表明を出したイナゴの最初から最後までを裏話たっぷりに、どうぞご覧ください。



20194891849192105922950205893259.png

 毎度お馴染みの猛暑だった7月、世間が夏休みにうつつを抜かしていた頃。

 ツイッターでは1人の光の戦士がとあるイベントを計画していました。

 それがこちら、



ok847910--1927492102-2004895.png

 FFXIV オケコン2019 OFF会!

 開催日は9月21日、この日付けを聞くと一部の光の戦士は思い出すのではないでしょうか。

 そう、FINAL FANTASY XIV ORCHESTRA CONCERT 2019の開催日と同じなんですね。

 つまりはこのオフ会、FINAL FANTASY XIV ORCHESTRA CONCERT 2019(以下、オケコン)の後に皆で集まってご飯を食べようというもの。

 その立案者は、



i0587292101-57925020532.png

 エオルゼアのフレンドさんであるモピーさん!

 当サイトでは何度か話題にした【初見「複製サレタ工場廃墟」祭】でも企画を管理されていたこの方、当時はなんとリアルイベントの幹事をされておりました。

 モピーさんの提案には多くの光の戦士が注目、オケコンに参加する人はもちろん、オケコンには参加しないけれど皆とご飯は食べたいという人が参加を表明。

 かくいう私も後者で行きたい気持ちを燻ぶらせた次第。

 東京でのイベントではマエルさんと出会い、京都の劇場版光のお父さんではジョーさんとリアル邂逅したこのイナゴ、さらなる一歩を踏み出す覚悟は十分。

 しかし、 



si4989201592579202-54-285932.png

 当時というか現在進行形で、土日関係なくシフトが組まれている社畜な私。

 9月21日がピンポイントで休みかどうかなど、7月の時点で確認する術はありません。

 仮に9月21日が休みだったとしても、開催地が横浜である以上、往復を考えれば2日以上の休日が必須。

 けれども、土日両方が公休日なんてことはあり得ない。

 となれば手段は1つ――



yu5728972-5892-1054752053-859.png



 そう、思ったのですが、



9-4854782119048915-25720-2850290-595.png

 ここにきて9月という時期が災いしました。

 というのも、9月~10月といえば地元の学校がこぞって運動会を開催する時期。

 それに伴い有休を取得するお父さんお母さんが急増、あっちもこっちも「ドロー、有休カード!」ってな具合。



mo956800-2--20509305_202005131616069f4.png

 勝てるわけがない。

 運動会という誰もが知るイベント名。

 子供の晴れ舞台を見に行くという愛に満ちた理由。 

 これらを合わせて提出される有休の申請は、私が繰り出す有休の重みをはるかに超える。

 まさに冠婚葬祭に次ぐ最強の一手。



si4-8194791098410-5853050-3-690356.png

 残念ながら今回は見送るしかない。

 あまりに時期と対する相手が悪過ぎる。

 大丈夫、お祭り好きなフレンドさん達のこと、次の機会はきっとある。

 そうとも、またいつか・・・。

 いや――



i485792892-58217184-21054825905404.png






 東京まで足を運んだあの日、

mu-4819741991-4829-5389530906639.png

 マエルさんからアクキーを購入しようとした時、私は痛恨のミスを重ね、早々にその場を離脱。

 結果として多くのフレンドさんに会う機会を失ったばかりか、アルチさんに一方的に捕捉されるという事態を招いてしまいました。

 おのれ、アルチさん許すまじ。

 ちゃんとマエルさんの言いつけを守って、西2の荷物発送列に並んでなきゃ駄目でしょ。

 そんな言いつけがあったかどうかは知らないけど、とにかく駄目でしょ。

 ステイ!!!!



 さておき。

ak57294205-2-58925-25.png

 あれからもう1年以上の時が経過。

 思い返してみればなんてチキン、イナゴなのに鳥。

 あと1歩が踏み込めなかったあの時の後悔、2度も味わってたまるものかっ。
 
 そのためには動かなければならない、たとえ複数の人間から反感を買うことになろうと。

 そうとも、私は勘違いをしていた。

 今の私に必要なのは、多くのフレンドさんに会う覚悟じゃない。



oh48857910-175920-2-548295205305956.png

 この職場で嫌われてもいいという覚悟だっ!!



yu589282094-2157915025090-50.png



bi58792-104879215892105-2.png



so4892189104-175920-6939056-5829.png



ga58872782901-47892720-583920950.png



si4890-18592-21590209291054895-58392.png

 さぁ、戦争だ!!

 職場のお父さん、お母さん、かかってきなさい。

 あなた達の我が子への愛など、今の私は知らない、聞かない、通さない。

 この3日間は絶対に譲らない、絶対にだ!



yu4847920-5-17852-52059205839290656.png



yo48929-1859221-59-25896-630030659035.png

 先制攻撃をした虫に対し、



so84792905-2795204-2850920.png

u4772050-25720-21050920-2859.png

 家庭を持つ中堅社員が反撃を開始。



sa0-482981-52789110-405758320853.png

 部長は真剣な表情で中堅社員の側につくも、



do-493871658607-584779.png

 断固として譲らない面倒くさい平社員。

 そうして、



go0482781-583967830-4-2858205.png

 イナゴは有休を勝ち取ったのでした。

 いやぁ、いい勝負でしたね。

 ヒーローインタビューがあってもいいくらいの白熱した戦いでした。

 そこでマイクを向けられた私はこう言うんです――

「部長、お父さん、お母さん、3人の力を合わせてよく頑張りました。けれど労働基準法第39条を引用したうえに、明確な日にちを先に口に出来たイナゴの勝ちどす!」ってね。

 ちなみにそう語ったヒーローはSS通り、後日にお説教を受けております。 

 内容は奴隷社会人とはなんたるか」というもので、9割以上覚えてないです、てへぺろ!


 そんなこんなで時間を作り、参加表明も無事終了。



bi489-1048910485920-5892-827589205-85905.png

 その後ツイッターでは、オフ会の参加者が合計26名になったと発表されました。

 モピーさんは「半端に多いw」と余裕そうですが、私は「凄い人数だ、詳細は省くが私は死ぬ」と悟った次第。

 冷静に考えてくださいよ、26名っていったらアライアンスレイドの参加人数より多いんですよ?

 フルパーティ×3+@ですよ、クリスタルタワーだろうが複製サレタ工場廃墟だろうが蹂躙出来るレベルです。

 覚悟十分に参加したけれど、実際にその人数を目の当たりにしたらどうなるか、おそらく私の喉は食べ物を通さない、ていうか詰まる(死ぬ)。

 されど、モピーさんはこの人数に物怖じすることなく幹事を引き受け、食事の場所や会費の計算などもされる様子。

ko474821105-87592875021857920055056.png

 26人もの人間をたった1人で管理するなんて無茶が過ぎる!

 イナゴ知ってるよ、幹事は参加人数に比例して魂を削る役だってこと。

 オフ会が終わった時、明日のジョーみたいになっているモピーさんなんて見たくない。

 死ぬのは食べ物を喉に詰まらせる私だけで十分です。



if04716405-595782040258930587654.png

 生きろ、そなたの尻は美しい。

 とはいえ、オフ会初参加の引き籠りイナゴが手を差し伸べても意味はないでしょう。

 モピーさんを補佐するのは、本人が信を置く人物且つ、リア充の経験と知識を持った人材が相応しいです。



mo-8876402896749-708957396.png

 あれ、幹事?

 違う違う、立候補したわけじゃないんですよモピー。

 信頼する誰かに助けを求めたほうがいいって、提案してるんですよ。

 ほらいるじゃん、こういうリア充イベントばっちこいな光の戦士いるじゃん?

 アルチさんとかアルチさんとか、アルチさんとか。

 しかも内容おかしくない? 当日に即席で名札作れって。

 そういうのが得意な光の戦士も他にいるじゃん?

 アルチさんとかアルチさんとか、おかんとか。

 私はそういう職に就いてる人でもなければ、日常的に絵を描いている絵師でもないんですよ。



ir4918791-5829503-595-30689393050895603.png

 ちょっと、幹事!?

 誰か、誰かこの人を止めてください。

 そうじゃないと皆さんの思い出の品が、めっちゃダサいイナゴ作の名札になっちゃいますよ。

 いけない、このままでは当日の食事を前に死ぬ。

 とはいえ、具申した以上なにもしないというわけにも――

 えぇい、こうなったら!



mo111104892895-68385792-2058206-0-49064.png

 やります、私が名札制作やります!!

 ただし時間はいただく、自ら言い出した以上真剣です。

 作ってやりますよ、皆の記憶に突き刺さるようなイナゴクオリティーの名札を。



ya-471874819054895-2578205-29095028095.png

 そんなわけで受けることになった、人生初の名札制作。

 しかし、これが私の勘違いと暴走により難航を重ね、挙句の果てには幹事のモピーさんに怒られる事態にまで発展します。

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ