第22話:セミを超える新たな名前


ri484959602422552.png

 前回のあらすじ。

 幻想薬を飲んでアウラになったら病んでしまったため、顔を隠して生きることに。

 しかし、高度な頭脳プレイにはめられ、初日からフレンドさんに見られるのでした。



 顔を隠すなら目元が見えなければセーフということで、皆さんは「サングラスでもいいのでは?」と思っていらっしゃるかもしれませんが、甘い、甘いです。

 たしかにサングラスは正面からなら目元を隠してくれますが、上や下からだと隙間から目が見えてしまうのです。

 そのため私がチョイスせねばならないのは、仮面やゴーグルといった顔に密着するタイプのもの。

 ということで購入したのがこちら、









d82979850.png

 コバルトプリザーヴという頭装備です。

 良いですね、すごく良いですね!

 他のゴーグルとは一線を画す、独特なデザイン。

 コーヒー豆のようなレンズ部分が近未来チックでステキだし、着用者に知的なイメージを与えてくれます。

 たぶん隠れステータスにIQアップとかついてますよ。



rr355o00.png

 ちょっとダースベイダーからは離れてしまいますが、これはこれでスターウォーズっぽいですよね。

 というわけでこの装備を装着し、エオルゼアを闊歩していた私。

 そんな折、たまたまリスキーモブの狩猟を目的とした募集を見つけたので、これに参加します。








yy25485067-42558252.png

 リスキーモブとは、フィールド上に突如として現れる特別なモンスターのこと。

 手強い相手ですが倒すと報酬がもらえるため、冒険者たちはパーティを募集して挑むことが多いです。



 その戦闘は一方的な光のリンチであったためカット。

 特になんの問題もなく狩り終わり、パーティは解散されます。

 その時、私は1人のフレンドさんに出会います。

 その方の名前はエミルさんこと、えみるん。

 黒魔術師をメインに、他のDPS職も頑張っているララフェルさんです。

i49930o33.png

i4773996io.png

9o75e44.png

 当然のように「顔を見せろ」と要求される私。
 
 しかし、そう簡単に見せるわけにはいきません。

 この時はモブハント直後のため、コバルトプリザーヴではなく仮面をつけていましたがさておき。

 外せと言われて外してはアウライフのスタイルに反します。

 ここは1つ、伝家の宝刀を抜くことに。









i58858601.png

 決まった、決まりましたよ。

 RPG界において有名なこの言葉の力は絶大。

 なんたって呪われているから仕方ありません。

 さぁ、大人しく諦めてもらいましょうか!!






e47738o1.png












t5739200-.png


9484i3i.png









p04892u.png



 無理でした。

 伝家の宝刀に対して、すべてを一蹴する「あ?」の一言。

 怖すぎます。

 しかし、そんなふうに脅してきたえみるんでしたが、



827422w.png

 病んでる顔なのにさらっと褒めてくれました。



948833.png

 乱暴にしてから褒めるこの手口はまさに、ドメスティック・バイオレンスの典型。

 でも、嬉しいので素直に喜びます。

 続けて「もう仮面せず、そのままいたら?」と問い掛けられますが、それは出来ません。

 アウライフでいる間は顔を隠す、そのために購入した装備もあるのです。

680-442.png

 嬉しいけれど、ごめんなさい。

 私は顔を隠して生きていきます!

 そうして、買ったばかりのコバルトプリザーヴを装着した時、えみるんは言いました。









938f342.png




053234912.png



 直球です。

「オブラート」の「オ」の字もありません。

 もうさっきの嬉しさはどこへやら、衝撃で固まるしかありませんでした。



yu4893065332.png




it9389203.png

 そう聞かれ、もちろん「イエス!」と頷きます。

 意外と顔をしっかり隠せる装備は貴重だし、あの仮面はグリダニア出身者の証でもあるし、なかなかに良い物です。

 しかし、えみるんは仮面ライダーかよと言って完全に呆れてしまいます。









a4895o224.png

 いや、全然嬉しくないですけどね、そんなこと言われても。

 全然嬉しくないけどね。

 嬉しくないけど、これからは兄貴って呼んでいいよ!

 そんなことを考えていた時でした。



9582or.png


28850201.png












i495022o2i549r502-49924.png













i5873955]

 あれ、兄貴は?

 キックホッパーは?

 まさかの「仮面ライダー」→「イナゴ」の流れ。

 こうしてイナゴと命名されてしまった私。

 その改名情報はLSで広まった後にツイッターでも囁かれ、私=イナゴのイメージを不動にするのでした。

 そう、あのセミの時と同じように。



 次回なんですが、またも番外編になります。

 というのも今のうちに開始しておきたいコーナーがありまして。

 その名も、セミコーデのコーナー。




 内容はタイトルの通り。

 セミのファッションセンスの被害者体験者を増やしていこうというものです。

 別にセミ装備を他人に着せるわけではありませんからね、安心してください。

 あくまでもセミである私が他人の装備をコーデするだけです。

「それが問題なんだよ」って思った人、まともな神経をされています。

 ちなみに何回やるかは不明です。

 ではでは、今カテゴリ番外編がちょっと多くなりますが、ご了承ください!

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

真名登場!

イナゴ様~❤

Re: 真名登場!

最近よく勘違いされますけど、真名はイフ・ベゲーグヌングですからね!!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ