オマケ②:リテイナー時の思い出


k288405.jpg

 前回のあらすじ。

 初代イフ・ベゲーグヌング、ブラッドボーンに左遷。



 そんなわけでここからしばらくの間、リテイナーキャラであるアンバー・ツヴァイを二代目イフ・ベゲーグヌングとして操作していくことに。

 こういう試みもなかなかに楽しいものですが、プレイヤーキャラの種族変更には幻想薬という課金アイテムが必要なので、あくまでもご利用は計画的に!

 しかしながら初ララフェル、楽しかったです。

4io29506.jpg

 操作するキャラクターが小さいので街や人が大きく見えたり、体に似合わぬジャンプ力に驚いたりと、他種族ならではの世界を堪能。

 一方でフレンドさんからは「ちっちゃくなってるw」と撫でられたり、「もうずっとそのままでいてください!」と言われたりしました。

 振り返ってみると、二代目イフ・ベゲーグヌングは好評でしたね。






s4905311.png

 一方の初代は「幸薄子(さちうすこ)さん」とか、「田舎の薄幸少女」とか呼ばれてましたけども。

 これが噂に聞く、ララフェルの魅力ってやつでしょうか。

 負けるな初代、頑張れ初代。

 いつか、あのあざとさに打ち勝てると信じて。



84340o01.jpg

 種族変更をしたからといって、エオルゼアライフまで変わったわけではありませんでした。

 あくまでものんびりマイペースな日々。

 必要な通貨こそ集めていましたが、基本的にだらりとした日常を送っていきます。

 ただ「メリハリはしっかりと!」ということで、二代目イフでも私服装備と冒険装備を分けていました。

8020502-22.jpg







 ちなみにこの私服装備の方は、とあるイラストに描かれたことがあります。

 それがこちら、

i49095832.png

 たくさんのララフェルが描かれている中、ちゃっかりと混じっている二代目イフ。

 フレンドさんから「イフさん、マエルさんのイラストに描かれてたよ?」と聞いた際には、「うそっ、うちの子が!?」と大興奮でした。

 幻想薬使っておいてよかった!

 そして、リテイナーにララフェルを選んでてよかった!!

 なにもかもが偶然でしたが、自分のキャラクターが描かれているということが初体験で、嬉しくてしょうがなくて。

 パソコンとアイフォンのどちらにも保存して、友達に見せたりしてました。


 私「ここ! ここにね、うちの子がね!」

 友「お、おう。でもこれメインはこのミコッテじゃ」

 私「うちの子を見ろー!!」


 今だから言いますけど、これくらいはしゃいでました。
 
 完全な親バカ状態です、本当にありがとうございました!


 
 そんなこんなで二代目イフで過ごしていましたが、ブラッドボーン1周目が終わるくらいに初代イフへ戻しています。

8202o52.png

88402-24.png

9o140-77.png

877o27.png


 ずっとリテイナーが活躍する――そんなエオルゼアも面白いかもしれませんが、まだまだこっちのイフも現役なので。



 さて、これにて「私が歩んだエオルゼアの1ヶ月」は終了。

 今回のオマケは復元ではなく、ほとんど新しく書いたようなものになりましたが、気にしない!

 さぁ、次はいよいよイシュガルド編!

 ここからは文章も完全に復元ではなく、はじめから書いていくことになるので、時間がかかるのではないかと思います。

 それでも最悪1週間に1度は更新したいと思っていますので、よろしければ今後もお付き合いください。

 ではでは、次のカテゴリである「私が歩んだイシュガルドの旅路」にてまたお会いしましょう。

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ