第14話:貫いた装備による悲劇(前編)


tk57825890479-e4534763.png

 前回のあらすじ。

 かつての仲間達が変わらない一方、私はレベリング中にとある装備と巡り合うのでした。



 突然ですが皆さんチャイナ系の服って好きですか?

 私は大好きです。

 ジャッキーが着てるのとか春麗のとか、強くて美しいイメージを抱きます。

 しかしエオルゼアでチャイナ系の服といえば、

ol594592029404-53.png

 これですね、モンクのAF。

 マイディーさんのお気に入りの装備でもありますね。

 拳法=チャイナ、前記事でも述べていますがとても理にかなった組み合わせです。

 着たい!!

 詩人だけど着たいです、これ。

 しかし、それは叶わぬ願い。

 これはモンクのAFであり、詩人のAFではありません。

 モンクになれば着れるけれど、残念ながら私の格闘士レベルは20にも至っていません。

 これでは夢のまた夢。

 チャイナ装備は諦めるしかない、そう思っていました。

 







 
 しかし、前回巡り合った装備はそんな私を救済してくれたのです。

 それがこちら、

e84of52824829845229248065823.png

 キマイラフェルト・レンジャーシクラス。

 見てください、このチャイナドレスのようなデザイン!

 美しいですね!!

 さらに戦闘用の装飾が各所に見られ、純白のカラーリングがこれを一層引き立てています。

 かっこいいですね!!
 
 これにちょっと他の装備を合わせれば、

ee463379930o4730-0.png
(胴:キマイラフェルト・レンジャーシクラス、脚:ボアサブリガ、足:ワイバーンレンジャーブーツ)

 今までの詩人にはなかった路線、チャイナ系詩人の完成です。

 身に纏えば夏侯淵や黄忠の気分になれること間違いなし。

 そしてなによりAFを着たモンクと並べば、

ut269098-851295-08.png

 似合いますね! 映画1本撮れそうな組み合わせです!

 あまりのマッチ具合に二つ名とか添えたくなります。

oo59593002-54858928421.png

 洗剤の名前みたいになりました、やめましょう。



 旅人スタイルからチャイナスタイルへ!

 新しい装備に変わり気分も上々です。

 そんな中、IDの誘いを受けた私。

 もちろん二つ返事し、準備を整えます。

 しかもそのパーティーは前FCのメンバーが中心とのこと。

 これはもう見せびらかすしかありません、私の自慢の装備を。

 見限られていないと分かった今、遠慮なんて欠片もありません。

lm5884922004-4442211.png

 さぁ、刮目せよ!

 更に白い装備を取り入れ、進化した私のファッションセンスを褒めるが良いです。

「キャー! イフさんステキ!」という賛美を浴びた暁には、「これもEVEに入ったおかげです」って言おう。

 深夜の通販番組のように、現所属FCを宣伝しておこう。

 アミティーさん、これでFCの評判はうなぎ上りですよ!

yy764884900320-5.png

lp599428489202.png


pn5592884992-103942.png


tm58895920-02-4882042.png











 えっ、ちょっと何言ってるか分からない。

 まさかとは思うけど、装備のことじゃないよね?

 この美しくもかっこいいチャイナ装備のことじゃないよね!?

ru48589289402-4049222.png

 ほら、よく見て! Look at me!

 そして言ってごらん、「イフさんいいね!」って。

 さっきのは照れ隠しか何かだと思ってあげるから!












ko4842949027618371442.png

 す、素だ!
 
 今このアウラ、完全に素だった!!

 まるでプレイヤーの肉声が聞こえるかのような、清々しいまでの本音だった!!

 なるほど、そうですよね。

 私が微塵の遠慮もしないのなら、あっちも遠慮しないのが道理。

 それでこそかつての仲間というもの。

 しかし、しかし!

iuar5885982942485499839593.png

 この時の私は、まだ現実を受け入れることが出来ないのでした。

 そして、それが更なる悲劇(私的な)を生む結果となってしまいます。

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ