番外編:セミコーデその③「セレブマダム(だらしない)」の後日談


ta689294920452.png

ku586967903353.png

 ちょっと期間があいてしまいましたが、もうおなじみ、セミコーデの記事ですよ。

 同時期に更新した記事ではイナゴもといアウラですが、こちらではセミです。

 といっても今回はちょっとしたおまけみたいなものになります。

 前回のコーデでアミティーさんの服装である「セレブマダム(だらしない)」を手掛けたわけですが、



se85942204-028842.png



 じつは後日談がありまして、それを紹介致します。

 さて、セレブマダム(だらしない)の服装を着こなす流石のアミティーさん(略してさすあみ)でしたが、案の定エタバン相手である旦那さんにはコーデの件を伝えていなかったようで、




ne9499509825300042.png




 これはもう後日にドッキリを仕掛けるしかない、という流れになりました。

 その内容は以下の通り。









1:私が偽のSS撮影で旦那さんを呼び出す 

2:撮影途中で私が「ミコッテ♀のSSも欲しい」と言って、アミティーさんを呼んでもらう

3:「騙して悪いが、セミなんでな」と2人揃ってネタ晴らし

4:セミコーデで打ちのめす










 完璧です。

 私とアミティーさんの完全調和、パーフェクトハーモニーを前に旦那さんの崩れる姿が目に浮かびます。

 きっと彼は言うでしょう、「うわー、イフさんなんて素晴らしいコーデなんだー。アミティー、惚れ直したよー」ってね!!



 翌日、私は旦那さんに「ブログのSS撮影にご協力ください」と嘘をつき、黒衣森の北部にある浮かぶコルク亭という建物に誘い出します。

r53898205023-48281.png

 そして怪しまれないように偽の撮影を開始。

 なにも知らない旦那さんはクールな表情をきめてくれています。







na49506007-395322.png

 ここでミコッテ♀(略してメスッテ)のSSも欲しいと呟く私。

 すると旦那さん、「アミティーを呼ぼうか?」と提案してくれました。

 なんという僥倖! 

 ここまで筋書き通りだと気持ちいいものです。

 さぁ、カモンですアミティーさん。

 浮かぶコルク亭にてやってやりましょう!    

 旦那さんをドッキリにはめてやりましょう!!

 そんな期待に胸躍らせていた私ですが、ふとあることが気になり呟きます。







wa589204896599202.png







 アミティーさんは自他共に認める方向音痴です。

 どのくらいひどいかというと、リムサのビスマルクが分からなかったほどです。 
 
 エーテライトの転送先候補にある有名なレストランなんですけどね。

 それなのにあの人ってば、




mi55829492-1131.png

 科学者みたいなこと言ってましたからね。

 超がつく理科、とても気になります。

 そんなアミティーさんだからこそ、浮かぶコルク亭に無事来れるのか心配になってきました。

 いや、さすがに大丈夫でしょうか。 

 はじめてのおつかいをする子供じゃありませんし。

 北部森林のエーテライトからすぐですし。

 きっと旦那さんはそこらへん信用してるんでしょうね。

 なんたってエタバンするほどの強い絆で結ばれているわけですからね。




bb54892859992042.png

 あ、はい。

 旦那さん、チョコボに乗って迎えに行かれました。

 うん、まぁ、いいか。

 ここにアミティーさんが来る、それが大事なわけですからね。

 細かいことは気にしちゃいけませんよ。



vr564798370.png

 これで役者は揃いました。

 しかし、すぐにネタ晴らししては面白くありません。

 ここは溜めましょう。

sa84920048990242.png

 そんなわけで再び偽の撮影を開始。

 まったく使う予定のないSSを量産していきます。







am48290208914421.png

 アミティーさんも演技してノリノリです。

 案外こういうことは嫌いじゃないご様子。

 さて、機は熟しました。

 そろそろ仕掛けましょうか!







ka5892949902-4242.png

 ひゃっはー、残念ドッキリでしたー!

 まんまと騙されてしまいましたね、旦那さん!

 ここからは私とアミティーさんのショータイムですよ!!




ay84892950022.png

 !?じゃないから、もういいから。

 なんでアミティーさんがビックリしてるんですか、打ち合わせしたでしょうよ。

 あなたが超料理って言ったビスマルクで打ち合わせしたでしょうよ!



 そんなわけでネタ晴らし。

 アミティーさんも「実は知ってた」と告白し、旦那さんだけが騙されたことを知ります。

na48899224114567.png

 物騒な感想を漏らされました、普通に怖いです。

 





 いろいろありましたが、ついにセミコーデのお披露目。

 イッツ、ショータイムです!

ju4749290279592.png



 ちょっと偽造したらこれですよ!

 かっこつかないでしょ、いいから着替えて!! 









no595990294-239952.png

 どうですか、惚れ直しましたか?

 まぁ、答えは分かりきってますけども。

 私が旦那さんの立場だったら即ハグのエモート間違いなしですからね。




kk584829400842.png



 だからかっこつかないでしょ! 今そういうこと言わない!!

 だいたいヒオウさんのは完璧だったし、巷で噂のチョイ悪オヤジファッションだし。








nn5729289200489895992.png



 なんかいちいち噛み付いてくるんですけど。

 もう黙ってなさい、モデルは服着て立ってればいいんです。

 さてさて、余計な茶々が入りましたが、旦那さんの反応が気になります。

 さぁ、このコーデのご感想は?!









uy5882998959224.png



 あれ?

 おかしいですね、そんなつもりはないんですけど。

 でも言われてみれば、23世紀くらいのを先取りしちゃった感ありますね。

 セミのくせに未来に生きている私ですからね。

 しかしながら欲しいのは現代の評価、それを得るためにコーデの解説を始めます。

 語らせていただいたのは今回のお洒落ポイントや、チョイスした装備へのこだわりなど。

 その中で旦那さん、

yu58482928894992.png

 コンパス付属の胴装備にはいい反応をみせてくれました。

 もっともそれ以外はズタボロでしたけど。

 特に裸足に靴という足装備に関しては、夫婦揃って理解出来ない様子でした。

 石田純一スタイル、通用せずです。

 さらにそこから始まる靴擦れストーリーにもまったく共感してもらえませんでした。

 おかしい、全米が涙するレベルの物語があの靴に詰まってるというのに。

「急な用事のため裸足で靴を履く」→「用事長引く」→「裸足のため靴擦れになる」→「アミティーさん涙目」→「旦那さんの介護」→「寄り添ってハッピーエンド」

 超ロマンチックなんですけど!

 エオルゼアの甘いラブストーリーなんですけど!!

 

 そんなこんなで解説は終了。

 全体的な評価は良くなかったですが、存分に語れて満足。

 まぁ、言葉じゃ伝わらないことのほうが多いって言いますしね。

 あとは2人の想像力に委ねるとしましょう。








ko4896060380242.png

 そんなことを思っていると、旦那さんがジョブを変えてなにかを作り出しました。

 このタイミングでの創作、間違いありません。

 これは、私への挑戦です。

 私のコーデを超える服を、今ここで、目の前で作ろうとしています!!

 なるほど、なるほど――

「自分のほうがアミティーを輝かすことが出来る!」と、そう言いたいわけですね。



 笑止!!

 付け焼刃の創作で私のセミコーデを超えられるものですか!

 装備1つ1つへのこだわり、装着者のことを考えてのチョイス、ラブストーリーが始まってしまうほどの設定。

 これらをふんだんに盛り込んだコーデに挑むとは愚かなり。

 でも、見せていただきましょうか。

 その結果で幻滅され、エタバン解消なんてことになっても私は一切責任をとりませんけどね!!







ha544920056--21.png







nn5852204490242.png



 や、やるじゃない。

 一瞬アミティーさんが天使に見えました。

 このセンスとチョイス、さすがは旦那さんといったところでしょうか。




 でも、まだ弱い!

 たしかにお洒落な服装ですが、軽いんですよね。

 ストレートに言わせてもらえるなら、中身がありません!

 たしかに素晴らしいコーデですが、そこにアミティーさんを想う気持ちがナッシング!!

 一方で私はアミティーさんの方向音痴要素を取り入れ、コンパスが付属する胴装備をチョイスしました。

 残念ですが、私には至らずです。

 まぁ、セミ的に見ても良い線いってましたよ旦那さん。

 これにめげず腕を磨けば私の背中くらいには追いつけ――

ra849968028592.png




ba585609530053.png








ay589360-299592935.png



 地図&コンパス!

 ま、まさか、これは私と同じ、方向音痴要素を取り入れた一品!?

 見える! コンパスだけでは心配なため、さらに地図を持たせる旦那さんの優しさが!!

 なんてこと、してやられました。
 
 なにも言い返せません、私の完敗でしょうか。




 否、ま、まだです!

 勝敗をジャッジするのは他でもない、装備を着ている人。

 つまり、アミティーさんの一言で私に軍配があがることも十分に考えられます。

 さぁ、私か旦那さんか! どっちのコーデが良かったですか!?







by4728859929842.png



 勝負ありー!!



no5986997930025422.png

 完敗です。

 まさかあの短時間で私のコーデを超えてくるなんて。

 でも、気持ちのいい敗北です。

 おかげで少し成長出来た気がします。

 だから、歩みは止めません。

 私は私のコーデを続けます。

 セミコーデを心待ちにしているクライアントがいる限り。 

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ