最終回:旅路の果て


ta405028494-522.png

 前回のあらすじ。

 サスタシャ1周年記念公演に参加してきました。



tyo4849290402.png

hata4040481001-42.png

ki000194857781.png

 あれからしばらく。

 ハウスの庭には様々な庭具が設置され、随分と見栄えが良くなりました。



6r149492110943001.png

 一方で内装はまだまだこれから。

 Lサイズで部屋も多いので、探り探りの家具設置状態。

 しかし、地下工房では――



hi55020019548842.png

hi-58492021--492.png

 FCマーク入りの飛空艇が完成していたりします。

 なんともちぐはぐですが、これが当ハウスらしさ。

 そこを拠点にエオルゼアを生きるメンバー達は、相も変わらず元気です。



tu44018458492.png

ner484920048591.png

ri59-2944892911.png

 各々が自分のペースで、自分のやりたいことをする日々。

 たまに集まって蛮神に挑んだりもしますが、基本的には自由。



ya58594029801040.png

 なんせFCのスローガンがこんな感じですからね。
 
 そのため私ものんびりエオルゼアを歩きます。



uti402945892.png

ku9402--4284992155866.png

 もちろん、顔を見せないスタイルはそのままに。

 しかし、そろそろ元に戻る頃合いですね。

 なんたって今回は最終回ですから。

 最後にアウラ時の素顔を載せて、種族をヒューランにするとしましょう。











be854920948982.png

 嘘です。



sw17895321789.png

 さて、皆さん。

「私が歩んだイシュガルドの旅路」、如何だったでしょうか。

 このカテゴリは「私が歩んだエオルゼアの1ヶ月」の続編なわけですが、随分と中身が違いましたね。

 私的に今回の記録は、「オンラインゲームに慣れてきたプレイヤーの軌跡」になったのではと思います。

 そんなプレイヤー特有の「やめるかもしれない」といった時期もありましたしね。

 あの頃はツーちゃんにお世話になりっぱなしでした。

ra04958582904.png

 



 ちなみに、その頃のことを今になって聞いてみると、





tu50482885-24556.png

pe59582958922.png

ak9745656986334354u.png

na595044882952.png

 ごめんなさい、生まれてきてごめんなさい。

 でも本当、今こういう話が出来るってことが嬉しいです。

 もしやめていたらこんな話題はもちろん、当時はツイッターもしていなかったため、エオルゼア関係の方々とは縁が切れていたかもしれません。
 
 そうならなくてよかったです。



b1

 当サイトが開設されたのは、「私が歩んだイシュガルドの旅路 第26話:旅立ちからの・・・」にて紹介した通り、EVEの方々にブログの復活を希望されたからです。

 しかし、いざ始めてみると不安でいっぱいでした。

 なんせJUGEMのホームページは削除していたので、新しく作らなきゃいけない。

 過去の記事も復活させましたが、読んでもらえるか分からない。

 さらに新しく書く段階に至っても、やっぱり読んでもらえるか分からない。

 特に序盤はネガティブな記事が多かったですしね。

 あれは書いてて辛かったです。




 そんなこんなありましたが、たくさんの人に読んでもらえたようでとても嬉しく思っています。

 サイトの拍手ボタン、ツイッターやエオルゼアでの感想と、ブロガー冥利に尽きる日々です。

 おかげで毎回楽しく更新作業が出来ました。

 本当にありがとうございます!



b2

 実はどうするか明確には決まっていません。

 いくつか候補はありますが、その中には「休止」も入っています。

 来年はやること、楽しみなことが多い年になりそうですからね。

 そのためにしばらくは休もうかな、なんて。

 あとブログタイトルの画像を再編集しようと考えています。

 というのも、今の形式だと無限に増えていくことになるので。

 なんとか3、4種類くらいにしたいところです。



b3png

 これまでの記事で書いている通り、本当にいろいろなことがありました。

 その中で自分が取った行動が正しかったとは思っていません。

 反省点が多くあります。

 謝らなければならない人がたくさんいます。


 でも、後悔だけはしていません。 

 たとえ間違っていても、行動出来たということに関しては胸を張りたいです。


 そうすることで見えたものがあった。

 そうすることで気付けたことがあった。

 だから、いろんな人に支えられながらも自分の選択を貫いて――今がある。

 あぁ、胸を張って誇るとも。

 道のりは険しく、平坦じゃなかった。

 挫けもしたし、疑いもした。

 けれど、その旅路の果ては――









to440498850295.png
 
 最高のゴールだった。






ta7990-27835895.png

 さて、そろそろこのカテゴリも閉幕といきましょう。

 先にも述べた通り、次どうするかは未定です。

 でも、私はエオルゼアにいます。

 ここには飽きることのない仲間、笑い合えるフレンド、尊敬すべき恩人がたくさんいます。

 きっとすぐに記事を書くことになるでしょう。

 それでは、またいつか。

 ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 みなさん、よいお年を!

oj595920488762.png



 時は遡り、2015年6月。






u83179o0-0.png
 
 それはFF14初の拡張ディスクである「蒼天のイシュガルド」が発売される月。

 アーリーアクセスのコードを持っていれば、6月19日から先行プレイが可能だった今作。

 多くの冒険者がそれぞれの思いを胸に、まだ見ぬ地へと赴きました。

 かくいう私もその内の1人。

 新たな物語の始まりへ、FCメンバーと共に足を踏み入れます。

95r0130-0.png

 そうして広がったのは未知の世界。

 はじめて目にする風景、聞き慣れない地名や建物、辿り着いた誰もが右も左も分からない状態でした。

 けれど、だからこそ全てに胸を躍らされました。

940o1-54.png

 雪と氷に覆われた広大なマップ。





84o2-292.png

 蔓延る高レベルのモンスター。





u589220.png

 想像を超える新たなシステム。





092-44942.png





 それでも私は――




i882020.png




 みんなと一緒に歩んでいくんだと――




73i705.png


i5920296-6.png


03847y542.png



4667830o32690.png





0-4280184589582.png

 そう、これは夢でした。

 叶うと信じて疑わなかった――されど、叶わないと諦めた儚き夢。

 しかし、



ro594042-588452.png


 一新されたFCで、


me50490-24829021.png


 かつての仲間と新たな仲間に迎えられて、


ho505281829405-322.png

 私の夢は今――――










en6506519.png

| 私が歩んだエオルゼアのそれからホーム |

コメント

ありがとうございます。

イフさん、楽しいブログありがとう!
ゲーム内で、イフさんの歩んだ旅路を一緒に歩めた事はないけれど、ここで一歩一歩の足跡を追いながら素晴らしい仲間との冒険を共に歩ませてもらいました。
イフさんの体験を通じ、MMOを始めた頃を思い出しながら「私」の歩んで来た旅路を思い出しながら読めて良かったです。
本当にありがとうございます。
ブログを続けるかどうかは、悩むのではなくやりたくなった時に書こう!程度で思うのが良いと思いますよ。
自分が楽しめてこそブログも充実すると思います。
最終回までご苦労様でした。
これからも続く旅路を楽しんで下さい。

Re: ありがとうございます。

とんでもありません、こちらこそ愛読&コメントありがとうございます!
なんて嬉しいことを、当サイトがヴェルさんの旅路に少しでも関われているなんて!!
こちらこそ、感謝です。

アドバイスありがとうです!更新は毎回楽しいんですけどねw
ヴェルさんもこれからも良い旅を!

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ